ユース懇ファレンス2019

 

  9月15日(日)に開催された「学校茶道連絡協議会 研修会」に合わせ、青年部と学生、学校茶道の先生方との交流会「青年部ユース懇ファレンス2019」を開催しました。会場は地区の先生方のご厚意により、研修会場「山野ホール」に隣接する「山野学苑カフェテラス」にて行われました。

 

写真②

写真③

軽食とソフトドリンクをご用意して「海外の方、一般共にお茶を差し上げる場合、どのような工夫(形式)が必要でしょうか」と言うテーマで、青年部、学生(高校生から大学生まで)またご来賓の先生方も一緒になって話し合い有意義なディスカッションを行うことができました。これからも次世代との関わりを繋ぐ行事を通して、お互い理解を深め合っていければと思っております。

また、展示ブースを設け青年部行事で制作したお道具を展示しました。具体的に青年部活動を知ってもらう良い機会になり、青年部への入会を促進しました。

 ご来賓の先生方、青年部、学生あわせ約90名の方にご参加いただき、たくさんの出会い、交流の機会となりました。

 

写真④写真①

 

 

 

 

 

 当日は京都の総本部より宮本尚寛総本部組織部主任、今日庵業躰 戸田宗寛先生、ならびに学校茶道の先生方、支部の先生方、裏千家関東学生茶道研究会の学生の皆様、学校茶道の学生の皆様青年部会員と多くの皆様にお時間を頂戴いたしましたこと厚くお礼申し上げます。わずかな時間ではありましたが今後もこのような交流の場を続けてゆきたいと思います。ご参加の皆様ありがとうございました。