image

裏千家関東学生茶道研究会、通称、関東裏研。

裏研をご存知ですか?

裏千家を愛好する、大学茶道部、同好会の連合会です。
関西、関東、九州にもあります。

関東裏研では、都内および関東一円の加盟大学に、たくさんたくさんの、数百名もの、若い青年茶人のお仲間がいるんですよ!(*´-`)

世代のギャップを軽々飛び越え、意気投合できるのはなぜかしら?
きっと、お茶の世界観と、他の世界のギャップの方が遥かに広いから。(笑)

ほんとに素敵な仲間たち。

青年部のみなさんも、お社中をお持ちの先生も、幹事の先生も、是非、「ウラケン」とも親しんでくださいね。

12月6日、日曜。
この日は、関東裏研の合同茶会が、茶道会館でありました。

最後の席の後に(^-^;滑り込みセーフ!でお茶をいただきました。

青年部は、京都での全国委員会および、全国代表者会議の当日でしたので、正午に会議が終わるとすぐに、タクシーで京都駅へ。
新幹線へ飛び乗り、東京駅からまたタクシーで牛込柳町へ。

左近司さんと設楽さんと、三人でスーツケースごと駆け込んだのでした。
そして、18青年部、今期の部長さんたちからの連名での水屋見舞いを届ける使命をおった、わたしはメロス!(古典過ぎ)

ブロック執行部からは、5人の仲間が、学生支援と仲間の証に、朝からスタッフ参加してくれていました。

裏研の福田評議委員長の提案を受け、亭主と半東を、学生と青年部がペアで努めた日。(((^_^;)
神谷さんがぬっとお点前に出てきて、来賓でいらした学茶の先生方、驚かなかったかしら。と失礼な心配をよそに(笑)、和気藹々と好評だった感想を方々からいただき、自分のことのように嬉しくなりました。

いただいた「晴れ!」がテーマの青空のような澄んだお菓子、丁寧に点てられたお茶が、しみじみ体に心に染み渡りました。

最後の集合記念写真に混ぜてもらえた!ヽ(´▽`)/

仲間にしてくれて、有り難う。
たくさんの想い出を、有り難う。

image

image

image

好日。有り難うございます。(*´-`)